<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです!ネット環境がやっと!整いました。

昨年11月末より、ネット環境がshut down してしまい、iPhoneかiPad でしか、
文章が書けなくて、FaceBookにはiPhoneでしか投稿出来なくて、
このブログはPC からだけでは無いように設定はしたものの、
やり方が未だ?で出来ません!
PCとPrinterが使用不能になると、とても不便です!
20年前はどうしていたのでしょうかね?

数回来てもらったMさんに色々と設定して貰って、やっとスッキリしました!
これで、やっとブログが書けますが、現在はFacebookの方が主流になってしまって
いるので、繋がりたい方は、友達承認を私に送信して下さい。
本名漢字でで登録していますので、検索出来ます。

それまでに何回、NTTとやり取りをしたでしょうか?
何度電話をしても埒が開かず、見に来た人はNTT孫請け位のオジンで、
これも設定はまるで出来ていないまま、はい完了!

元、逓信省→郵政省(総務省)→民間企業になった
日本郵政グループ
その時に役所体制は切ったけれど、トップは皆この役人の
天下り体制。
だから何を言っても上から目線!
作業をやらせるのはその時からの繋がりの下請け。
体制は何も変わって居ないから、無駄ばかりが多く、
横の連携が出来て無いから、来る度に一から
説明しなければならない!

はい完了といって帰ったが、何も繋がらない!!
遂に頭に来て、b-mobile機能の器具は取り外し,
AppleのWiFi Express新品を買って取りつけました。

これで、うちへいらした方はスマホなどwifi機能が使えます。
パスワードは壁に貼っています!
一度に10台のデバイスで使えますので、どうぞご利用下さい!「

というわけで、長らくこれを開けられませんでした!(^^;)

新年が明けて、驚きの大雪に見舞われてその影響で
私が東京駅に5時間足止めをくらい、
床に座っていたら、風邪を引き、猛烈な胃腸炎で1週間絶食!
の憂き目に遭い、酷かったです。
そのまま3.5㎏減量してしまい、未だに食事は自分なりに
油制限をして居るので、なかなか
体重が戻りません!(良いのかな?)

完璧な冬が過ぎて、春になってしまいました。
入試はみな、悲喜こもごもでしたが、
昨日、東京藝大に合格した、眞理絵ちゃんが1次合格しました!
2次も合格です。最後が13日です!と言っていましたが、
昨日午後、嬉しい携帯を掛けてきました。
1週間も続く入試、3次まであって、毎回、
その間の体調管理も大変だったことでしょう。
でも、良かったです!

今年は秋田県が国民文化祭の開催県です。
10月4日(土)皇太子殿下をお迎えして
大々的なオープニングセレモニー。
48年に一度(48都道府県)の催しであり、文化庁と県共催。
100人編成のオーケストラと吹奏楽団、400人の混声合唱団、
合計600人の音楽集団の総合芸術監督は 作曲家の 天野正道氏。
実際に音を出す集団のコンサートマスターに
不詳、私が任命されて、佐竹県知事より委嘱状も頂きました。

絶食中の2月、心配したほどの雪が無い、秋田市へ初練習会、顔合わせ。
天野氏もこれで、安心しましたと言われる、良い手応えがあった様子。
空きっ腹を抱えてですが、ホッとしました。
次回は、毎週通って居る、国際教養大学のホールでの
練習会が6月1日(日)です。

1月に一度、私の生徒達の練習会がありました。
Violinland String Kei 今年はソロコンサートですが、
Bach Double Concerto d-minor 全3楽章、と
無伴奏Partita 3番よりPreludio
がアンサンブルの曲です。

本番は4月29日(火・祝)14時開演 代々木の国立青少年
オリンピックセンター 小ホール。
入り口から直ぐの左手カルチャー棟入って左のホールです。
何方でもいらして下さいませ。入場無料。

最年少は5歳の女児がファーマーのホーム・スイート・ホーム変奏曲
小学生低学年がダンクラの6つのエアバリエから3曲を弾きます。
年齢と共に曲はレベルアップしますが、小学校4年生から始めた子供とか
始めた年齢によって、分相応の曲を弾かせます。

コンクールの審査員で行き、講評を頼まれたら、私はよく言います。
曲名だけが大きな物を弾けば、審査員を驚かせるだろう?良く思われるだろう?
と思って選曲する指導者と父兄がいますが、それはやってはいけません。
1音聴けば、その子が持って居る現在の実力が分かるので、

新曲では無い限り、全て普通のレパートリーの曲なら把握しています。
分不相応の曲を稚拙に弾かれるよりは、分相応の曲を美しく、音楽的に
弾いた方が、点は高いのです。そこの所を指導者は知って下さい!

本人が弾きたい曲と弾ける曲は違うし、親が弾かせたい曲も違います。
ちょっと難しいが、頑張ってみる?とその子の普段の練習方法も指導者は
知っているはず。頑張って出来そうな子なら、やらせてみたりもするが、
コンクールは点を付ける一発勝負。多方面の可能性とリスクも考慮しましょう。

そんなことを言えるのも、経験から?老婆心からでしょうか?

久し振りのブログなので、長くなりました。

今月末は母の一周忌です。早いですね。。。
未だ実家はそのままです。殆ど片付いていません。片付けに行けないのです!
あの怒濤の半年は何だったんでしょうか?

もう春は近いです。寒い雪国の方達も雪解けと春風を
待ちに待っておられることでしょう?
皆様4月の新学期出発をお元気でお迎え下さいませ。
[PR]
by violinland | 2014-03-14 16:06 | ケイコ先生より