松本市 鯛万レストラン

いよいよ8月になってしまい、もっと暑くなるの?とウンザリ!
この夕食ばかりは、とびきり美味しい夕餉でした。

スズキの夏スクールのお手伝いにちょっと行ったのですが、
夜、国際教養大学の中嶋学長(才能教育会長兼任)
が松本市の有名なフレンチレストラン「鯛万」を
予約して下さり、4人で大変美味な
フルコース夕食を和やかに頂きました。
夜のコンサート前の早い時間に食べなければ
ならなかったので、未だ他のお客様は入って居ません。
松本家具を最高に見せられる作りの内装に
しばし、ほ〜っ!渋い焦げ茶色の無垢の木の柱と
梁。食器棚も全てが松本家具。

ちなみに学長の東京の常盤台のご自宅も玄関から、
何所の料亭に入るの?と言わんばかりの作りで
素敵ですが、入った途端、高い天井と全てが松本の
建築様式と松本家具。
それにビックリして見回していました。
学長の奥様はやはりアカデミックな方ですが、
お料理が抜群にお上手。常に、外国人の学生、
ホームステイの学生、日本人学生、入り乱れて
泊まっている?住んでいる?食べに来ている?
何十人分も即座にお料理をなさるのですが、
何を食べても美味しい!
恒例の新年2日の手料理新年会、
毎年、広島帰省で行きそびれて
いますが来年こそは行ってみたいです。

正に、肝っ玉母さんですが、外大の教授でもある。
気さくな、素晴らしい女性です。
学長とは松本深志高校同級生、
学長は外大の中国語へ、奥様は奈良女子大の英語科へ
と大学は別れられたのですが、
何所で又出会われたのか?次回聞いてみましょう。

この「鯛万」はふりのお客さんは取らない、
格調高いフランス料理のレストラン
として、松本市の社交場にもなって居ます。
此処は紹介がないと、予約を取れないのよね、
と話していたら、学長が、
「いつでも私の名前で予約をして下さい!」
とすかさず仰ったのです。
ついでにお勘定書きも。。。とは行きませんが!?

メンバーは手前左に中嶋学長、右に講師の一人として、
ラロのスペイン交響曲を23人で清奏!!
と、マスターコースの指導者として参加の
Violinist の渡辺玲子さん、
中嶋学長の奥は、AIUの学生でバイリンガルで、
Violinも上手く、私のクラスの一人です。
今回は外国からの参加者の通訳として、
馳せ散じていた萌さんです。

この写真はもうデザートの時間に急ぎ撮ったものです。
でも何故、横向き?クビを曲げて見て下さいな!
写真だけでは美味しい食事を
味わえなくてすみませんね!
f0149700_12108.jpg

[PR]
by violinland | 2011-08-08 01:14 | グルメ評論家?
<< れみちゃん3歳、初レッスン! 大和撫子 なでしこ/JAPAN... >>