合奏練習会 11月21日版

今回で何回目?という合奏練習会。
毎回、練習に出向く方も大変ですが、来て下さる外部の先生は
仕事の時間やそれぞれのレッスン時間を調整して来て下さるのです。
毎回、感謝に堪えません。 それも超、安い薄謝で!
生活の為には、ご自宅でレッスンをされている方が、
実はもっと効率的なのですが。。。

だから、もう少し、ハングリー精神でリハに臨んで下さい。

アイネクの音の切り方、フレーズの持っていき方、坂井先生の
指導の前、何回も同じ事を言いましたが、毎回、頭に保存されていません。
学習能力が働かないのかな? 変化がありません。
言われた時だけ出来るのですが、楽譜の中にもう一回同様な事が
出てきても気付かない。言われると、又そこを通るが、これは
時間の無駄です。

神経系統は研ぎ澄まされて貴重なリハをやっているという
緊張感が無いのでしょう? 
行って,座って、神経が弛緩したまま、弾いていては、「先生達に失礼です。」
そういう、感覚は今の子には無いのでしょうね?

我々が学生の時は、ここは「飛ばす」とか、「レガートはこういう弓」とか、
誰も先生は教えて下さらなかった。横でたまに弾かれるのを盗み見て
それを模倣して、自分で納得するまで試行錯誤をして練習をしていました。
結果は直ぐには出ませんが、今時の生徒は手取り足取りでやっても、
その場限り。ハングリーでは無い!トホホ

これからは、まず、
+毎回自分が上手く弾けなかった部分練習をきちんとやってくること。

+全体的に,隣や他人頼りで弾いていることが目に見えるので、
自発的に弓を使い、音を出すこと。
背後から観察すると音をどう出しているか、よく分かるしバレル!

+毎年、毎回、同じ事を言っていますが、自分のパートが第1Vn.なら、
指揮者の左側、第2なら真ん中、その隣に 第3がある場合はそこへ並び、
Viola, Cello と続く配列は分かっているはずなのに。。。
未だに、言われて指示されないと、席の転換が遅く、
自分がどっちへ動くのか、? の人が居ます。
どうして指示待ち人間ばかりが多くなったの?

+楽譜をコピーのまま、製本せずに持ってこないこと。
ファイルに入っていると、書き込みが出来ないし、
本番の照明ではファイルのフィルムが光って中の楽譜が見えません。

+ボールペンは御法度です。鉛筆と消しゴムは持参して下さい。
でも鉛筆はシャープペンシルでは駄目です。
濃い3B,4B の鉛筆です。もう何年も言っていますが。未だに徹底しません。

+坂井先生に注意された事は直ぐ、書き込む!
二人で楽譜を見ているなら、一人が書いている間は、
もう一人もぼ〜っとしていないで、弾き始めること。
楽器を構えるのは言われなくても構える。

  24日には「Kreutzer Sonate と No1 Sonate」by Beethoven
を演奏しなければならない私は、内心、この日曜日は自分の練習をしたかった!
午前中は、眞由ママと発表会後の打ち上げパーティー兼クリスマスパーティーを
子ども達と演奏者の為にしようと、その準備打ち合わせに、お店に行きました。
昼食をして、リハで、終わったのは8時半です。帰宅したら、10時過ぎでした、
それからでは練習が出来ないので、今日は、ホントに自分にゴメン!という
懺悔の気持ちで寝なければなりません。
次回の練習日5日に、かおり先生はリサイタルです。彼女も本当は今日が
貴重な日で、それを提供して下さったのです。

皆さんも合同練習の日だけ、練習をするのではなくて、個人練習を
してこなければ、無駄な時間は自分の為と先生達の為だと肝に
命じて下さい。 今さっき、坂井先生から事後のメールが来ました。
「次回は少し、練習をしてくるでしょう?」と書いてありました。
    この言葉は重いですね!? 
[PR]
by violinland | 2010-11-22 02:03 | ケイコ先生より
<< 掲示板に書き込みをしました! 日本版 ゴースト、、、? >>