以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


<   2013年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ここ数日間大地震に注意して下さい!

  友人の筋からの情報です。ここ数日は何処かで大地震が起こる可能性が
大なので、備えをきちんとして置いて下さいとのことです。

水、光、食糧、連絡方法など備えてありますか?

取り急ぎ情報を流します。

毎回の大地震を全て、当てた人からです。
備えあらば憂い無し と言う言葉ももう一度思い起こしましょう!
[PR]
by violinland | 2013-11-29 00:54 | ケイコ先生より

AIX 第14信-3

Faillard 夫妻のGuest bookに何か書いて行って!
と言われて、このページを早く書いて!

急いで書いた御礼のページですが、日本語とつたない
フランス語の両国語で敬意を示しました。
フランス語の先生がお読みになったら、ここ間違い!とか
もうちょっとこうやって!とか仰りそうですが、
現在の私の無い知恵を絞って書いた御礼の文章です。

本当にAix-En-Provence は温暖で、過ごしやすく、
太陽の恵みを全身で受け止められる素晴らしい土地です。
皆様も、フランスと言ったらParisだけではなくて、
地方へ旅して下さい。
ほんの一寸のサバイバルフランス語を武器に、
行かれると、土地の人達と仲良しになれます。

本当に頭の体操をしながら、精神の休養、
人間性を取り戻せる珠玉の2週間でした。
又この地には沢山の友人達が待って居るので、
訪ねます。いつかは?未定ですが。
Merci beaucoup Aix !
f0149700_3223738.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 03:22 | ケイコ先生より

Aix 第14信-2

Monique & Dominique Faillard 夫妻と最後の昼食。
トルコのレストランへ行きました。写真の物は前菜です。
これだけでほぼ満腹でしたが、この後、シシカバブが出て、
美味しい、御飯も付いていました!
その後、バクラバのデザートと、トルコのミントティー!
全て美味しかったです。

矢張りフランスは食の文化は世界一!
何所へ行っても、どんな田舎でも、美味しいバゲットは
あるし、食事は料理人がプライドを持って調理している。
アルバイト店員に調理をさせたりしないし、
出来合いのレトルト食品は何処にも売っていない!

缶詰や瓶詰めはありますが中身はきちんと調理されている。

これだけしか写真を投稿出来ませんでしたが、日本では
考えられないほどの量と種類の食事をしました。
そして、帰宅して、先ずは日本のお風呂にゆっくりと
入り、矢張りシャワーだけの2週間は身体を芯から
温められないと感じて、日本人だな〜と再認識。
お風呂と、シャワートイレットを本当に恋しく思いました!
f0149700_311673.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 03:11 | ケイコ先生より

Aix 第14信

Aix から 14便 最終便 11月11日午後5時頃
今日は朝から南仏らしい太陽が照るよい日です。荷造りは昨夜のうちに済ませて、
今朝は10時から行動開始!

この家の週末の家のオリーブの実を採りに行きました。街から20キロ田舎に入り、
なんと素晴らしいセッティング(^O^)/

モニクが子供の頃から慣れ親しんだオリーブや、ベリーがたわわに木の葉を揺らしています。
オリーブの実を手で一つづつもぐので大変な作業ですね!オイルを取るのはすごい量が必要です!

プールもあって夏はお孫さん達で賑わうそうです。

その後ランチを中近東、トルコのレストランに行きました。
最後にこのランチは小さなお礼に私からの招待でした!m(_ _)m

そしてゲストブックに拙いフランス語で心からのお礼を書きましたそろそろ、
マルセイユ空港へ向かって出発です!
1時間半でParis (シャルル・ド・ゴール空港へのフライト)
そこで、乗り換えに3時間あるので、ゆっくりとゲートを
探します。本当に自分が乗る飛行機は自分で探せ!が徹底して居る
フランスの空港。誰も居ない。。。みんな良く迷いませんね?
あー素晴らしきAix よまた会う日まで Au revoir!
f0149700_2581519.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:58 | ケイコ先生より

Aix 第13信-3

自然史博物館のローマ時代からの建物の
柱と柱の間に全面ガラス張りの壁がありました。
そこで、一瞬自由な ポーズで、STOP !しよう!

2人でいい年をして、ふざけていました。
Martine 先生はサスガに舞台女優さんの
発声をトレイニングされて居る方です。
表情も大きい!

私は一瞬のことをどう、表現して良いか?
さまになっていません!
こういう自由な発想は自己主義が徹底して居る
フランスらしいと感心しました。
最後のレッスンの後で思い出に残る写真です。
f0149700_2492666.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:49 | ケイコ先生より

AIX 第13信-2

Martine 先生が私の為に発音練習単語を書いて下さって、
その後、はっきりした綺麗なフランス語でiPhoneの
録音アプリで録音出来ました。
本当に、私には勿体ない、フランス人のための
大学のフランス語の教授でしたから、さぞかし、
初級者を教えるのに、歯がゆかったことでしょう?
でもそんな素振りは全く見せない、立派な先生でした。

次回はもっと話せるようになって、中級者で又
先生に教えて頂きたい。
その写真を載せます。
f0149700_2401918.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:40 | ケイコ先生より

AIX 第13信

今日はAix通信もそろそろ終盤になった第13信 11月9日土曜日

2日間と午前中かかって結構な量の文法問題を片付けて、近所の小さな食料品店がお昼だけ
、簡単に食べさせるので、そこでオムレツを注文したら、
以前他店で食べた中がとろり!のとは違って、キノコとハムの玉子焼き?みたいなのが出てきた!
でも大きいので満腹!

明日、明後日とお休みで、もう会えないので、友人の本屋さんへAu revoir! を言いに行った。
写真は丁度来ていたお客さんのマルセイユ オペラの歌手と、息子さんが今、
立教大学に1年間留学中で、以前一度息子さんを夕飯に招待したことで、
「息子がまたお世話になります。」と今日、再度来てくださった作家のお母様。
「また直ぐ来るわね!?きてね!」と大きなハグを二人から頂きました。
これからは二人とも私の為にフランス語のメールを書くと言っています!(*^_^*) 内心あら大変!

そしてMartine先生の最後のレッスン。とても丁寧に的確に、
効率良く教えて下さる素晴らしい先生でした。発音と文法には厳しいけれどね!
そして先生からも、「物凄く良くたくさんのことを短期間にやり遂げて、
こんな真面目に勉強する生徒は滅多にいません。半年居てくれたら、
素晴らしく進歩してくれただろうに!でも素晴らしい2週間の生徒でした。
とても誇りに思います。これからも続けてくださいね。」
と褒めていただきました。

先生の家に行く途中で、車を道の脇に停めて、迷っている紳士が私が横を通ったので普通に、
「すみません、マダム、この辺に大きな、Marcheがあるはずですが、何処ですか?」

ぎょっ!フランス人にフランス語で道を聞かれたのは初めて!(*^_^*)
そのマルシェは先生の家に行く近くなので知っています。
「有りますよ。近くです。ここを左へまっすぐ行って、セザンヌ高校の隣、左側です。」
と言ったら、「有難う!助かりました。」と車を出して、信号で止まって居たが、
私を追い越す時にクラクションを鳴らして、手を振ってくれました。わあイ!\(^o^)/

先生にそれを言ったら、素晴らしい!普通の速さが聞き取れるようになったのね。
そこまで言えるようになったのは凄いことよ!とハグされました。

そしてやって行った宿題は2時間を超えても全部丁寧に見てくださり、
発音の難しい物はiPhoneに録音なさい。と全部文法も説明しながら、
丁寧に録音して下さいました。これは凄く貴重です!日本で発音練習しなさい!との事。
外国人は夫々の母国語によって発音しにくい物が違っているが、
練習によって、本物のフランス語に近付けます。頑張ってください!
感謝感激の瞬間でした。

頭がクタクタ、片道30分の徒歩で、足も痛い。家の近くで、
数回行っているので顔なじみになったcafé で、Chai thé au lait を注文したら、
今まで飲んだチャイティーで一番美味しい!ご主人と話したら、
インド産の葉っぱをこれのために買っていると分かった。シナモンも効き過ぎず、
適量。ミルクも厳選されている。珈琲もココアも美味しい。
食べ物は置いていないが、飲み物だけで繁盛している店です。こだわりのCafé です。
ここでも、「フランス語を喋る日本人は少ない。でも喋ってくれたら嬉しいよ!」
と言われました。月曜日に帰国すると言ったら、
じゃあ明日は又来るね?きて下さいよ!で、Bonsoir!

日本ではアルバイトの学生達が
アルバイトのお手伝い感覚でやっているのが多いが、
たとえ、学生であっても、フランスの食べ物屋ではプロフェッショナルなサービスと
機敏な動きを見せてくれる。この辺は見習う点ですね!
(*^_^*) そろそろ荷物片付けの日程になってきた土曜日夜です。
f0149700_2341611.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:34 | ケイコ先生より

Aix 第12−2信

12信の中の文章の写真を再投稿
Soprano 歌手の美人はこんな華奢な身体なのに
声量は立派で、演技力抜群!
この背の高さの差は??
私ももう10㎝欲しいなあ。。。
f0149700_220714.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:20 | ケイコ先生より

Aix 第12信

Aix 通信第12信 11月8日深夜
花の市が近くの広場で朝あるので見に行きました。日本の花屋さんより極彩色!
並べ方も結構大雑把!

その後、ランチにどこで食べようかな?と見ていたら、とても流行っていそうな店を見つけました。
外の看板を見て、地中海料理、アルジェリア、ギリシャもかな?HummosやLentil とCouscous3種類の好物がてんこ盛り!食べなきゃ!日本では食べられないから。

注文はオリーブオイルと、バルサミコ酢の瓶も一緒に持って来て!
この3皿結構な量でしたが、完食したの!自分で味付けをして、パンの上に乗せていたら、
パンでお腹が膨れそうになって、パン抜きで、ガツガツ食べました!
(笑) お店の叔父さんが余程空腹か?好物なのか?とニコニコして見ていました。
café も入れて1000円位でした。

家に帰って来た時に、何処から何処までがこの屋敷? Steinway のピアノ屋が隣にある!
そこも貸しているんですって!
その壁から大きな道に出る迄が屋敷だと!道を挟んだ、
前のビルもウチのだと聞き(^O^)はあー?

Moniqueが「ケイコ!車に乗れ!今なら日没に間に合う!」どこへ行くのかと思ったら
、Château Picasso! ピカソがここで死ぬまで住んでいたお城です。
夏はこの田舎の一本道が、これを見るためだけで、大渋滞ですって。

Sainte Victoire 山の何故北側にこの城を買ったか? 冬は雪が降り、
今日でも北側は暗くて寒い。でも彼は負けずに、
「私はサン・ヴィクトワール山を手に入れたんだ!」と強がりを言っていたそうです。

途中、Château Noir というCezanne の家の一軒もあり、
次回はこの家の主は友人だから、
行こうね!と簡単に言っているが、次回は有るの?

彼女の荒っぽい運転で冷や汗でしたが、「南側へ回って見よう!」
矢張り南側の方が明るくて、全然違うよね!
日没寸前の夕陽が明るい山頂をクッキリと楽しみました。

彼女もマルティン先生も物凄くスピードを出しながら、
田舎道の曲がりくねった1車線道路を行くのです。
まあ昔、私がフランスの田舎を走っていたら、バンバン追い越されていたから、
凄いなあ!と呆れていたのですが、乗って見て納得驚愕!!

夕飯はサラダとチーズだけでモニク夫妻と台所で立ち食いで、
ソプラノのリサイタルがあるから聴きに行こう!

何処かと思ったら、例のピアノ屋さんの向こう側に立派なリサイタルホールがあった!
驚愕第二弾! 60席位ですが、
Bechstein concert grand piano がデーンとあって驚愕第3弾!

このコンサートは、Soprano の人のご主人がつい最近亡くなられて、
彼女を勇気付ける為にモニクが計画して開かれたリサイタルでした!
友人達がいっぱい来て、和やかな良いリサイタルでした。

オペラのアリアから、ミュージカルまで、ぶっ続け1時間半、
曲間では説明しながら、歌う時は、お客さんの隣に座ったり、
歩き回りながら歌って、まるでオペラの演出を見ているようでした。

器用な歌手で、抜群の声量と音程の良さは見事で高いC を楽に出していた。
Aix の人で、美人モデルにもなれる、南仏では有名な人だそうです。

然し、ピアノの伴奏者が、いただけない!
Mozart のオペラで音をしょっちゅう間違えるし、左足は後ろに折ったままで、
Soft pedalの存在を知らない?和音の違うところでも平気で
ペダルを踏みっぱなし~_~;歌との技量の差が歴然としていて、
はっきり言って、下手なピアニスト!歌を聴きながら弾くというセンスも無し!

この立派なピアノが本当に勿体無かった。最後にスポンサーのモニクの客人だからでしょうが、
一緒に写真をどうぞと言われた。元々上背のある彼女が10センチはある??、
私はああー並ぶんじゃなかったと、後悔先に立たず。
通りで誰も一緒に写真を撮らなかったのだ!(≧∇≦)お休みなさい。
f0149700_215060.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:15 | ケイコ先生より

Aix 通信第11信

Aix 通信11信 11月8日朝 曇り

今私がお世話になっている家族全員の写真。
皆が独立して住んでいるので、今この大きな家に住んでいるのは
一番下のお嬢さん夫婦とご両親、お祖母様です。
現在のLa Famille Faillard のドミニク+モニク夫妻の4人の子供達と
f0149700_2113100.jpg
その家族全員集合写真です。
華麗な笑顔!Chien だって風格あるね!
[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:02 | ケイコ先生より