以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

駒ヶ根の森のレストラン

最近開業にこぎつけた、素敵な森の中のレストラン開業祝いに
長野県駒ヶ根市に行きました。 噂にたがわず素晴らしいセッティング!
ただそのカフェに座って居るだけで、深い森の森林浴、、、
その上、メニューが野菜中心、それも地元の農家の野菜に庭の野菜。
どれを食べても身体に優しく、満腹のはずだが、もたれない。

シェフオーナーはこのレストランも自分と大工さんの助手(逆じゃない!)
で、あちらこちらから集めた材料で建ててしまった。
彼は、有名な英文学者、訳本家、老子タオイスト、詩人、墨彩画家、、、
の加島祥造先生のご子息。 素敵な愛妻と二人だけでこのカフェを
これからの仕事と情熱を燃やして居る。

伊那谷にチョット寄り道できる旅がありましたら、是非にこのカフェで
悠久の時を過ごしてみて下さい。
何を食べても心がこもっていて美味しい!
こういうカフェが東京にあったならな〜

融合カフェ 長野県駒ヶ根市赤穂 16613-3 tel:0265-82-7531
[PR]
by violinland | 2011-09-30 23:50 | ケイコ先生より

face book に時間を取られています!

この頃FB に沢山の友人達が情報を載せてくれるので、
毎晩そちらを開けて確認する内に、
このBlogに書く時間がなくなってしまっています。

怒涛の台風の日、未だ通行止めになっていない、
横浜ベイブリッジを渡り、ハンドルを取られてチョット怖かったです。
先の鶴見つばさ橋では、トレーラートラックが半分に折れて
欄干にぺしゃんこ!これに追突したトラックがめり込んでいて、
その側をそろりとすり抜けた!

台風を知らないで、上京した外国人の友人達。
結局、その夜は新幹線が止まっていて大阪へ行けず、
小さなうちに、泊まる事になり、それはそれで
楽しい夜でした。
Vancouver の彼らの家の庭には、馬場が有り、
家の中で迷子になるそんな家に、住んで居る人です!
兎小屋の日本のマンションにビックリした事でしょう!?
[PR]
by violinland | 2011-09-30 23:04 | ケイコ先生より

DOCOMO 携帯住所突然消滅!(T_T)

今日夕方携帯を開いてビックリ(>_<)!!

住所の600+がグループ分けの名前だけで
肝心な中身の番号、メルアド、メモなどが
全て消滅している!

幸いiPhoneを持って居るのでその分の300位は
救えるとしても、Docomo の携帯だけを持っている人の
分が復帰不可能。Sim card は入ったままだから、
お店に持って行ったら何とか出来るかな?

そうでなかったら、又以前のように、会った人に赤外線
通信をお願いしなくてはならない。。。
この頃、紙に書かない癖が付いて、こう言う時に
非常に困りますね。バックアップを取っておくべきですね!

今晩考えたら、寝付きが悪くなりそお Boo(T_T)けいこ
[PR]
by violinland | 2011-09-15 23:29 | ケイコ先生より

この頃多い、生徒の怪我

この頃、よく、生徒達が骨折、怪我をします。
学校の授業中が多いのですが、一人は
遊びの最中、昔、流行のローラースケートの
リバイバル、その靴がとても頑丈で
柔軟性がないので、転んだ弾みに足首を
骨折、靱帯損傷で可哀相に、
学校へもご両親に頼ったり、タクシー移動、
通学が困難になっていたようです。
今は、ほぼ完治?

その他にも、この夏から数人が
怪我をしています。
私は子どもの時から、手だけは、
怪我をしない様に、頭にたたき込んでいた。

ですから足はしょっちゅう、怪我をしました。
レッスンに行く度に違った箇所に
包帯が巻いてあるので先生に「今度は何?」
と笑われていました。

でも一度だけ学校で工作中、
「小刀は持たせないで下さい」と
厳命されていた(?)図工の先生がうっかりそれを
忘れて、私にさせました。

案の定、木版画作りの時に見事に左手人差し指
(1の指)を骨まで切り、指が半分ぶら下がりました。
それでも痛いより、あっ1の指!と思って、とっさに
右手で蓋を閉めるように指を閉じて、押さえ、
医務室に駆け込んだのですが、これは直ぐ外科!

救急で飛び込んだ同級生のお父さんが外科医、
私がViolinを弾いている事をよくご存じなので、
縫うと曲がりにくくなる、縫わないで兎に角
肉をくっつけよう!できつくテーピング。

痛いのは勿論ですが、もっと恐いのは
母に叱られること! 
この外科医のお父様と母は役員同士。
でも子どもながら、バレルと大変!という
事を知っておられるので、
箝口令を学校関係者に敷かれました。

お陰で何食わぬ顔で帰宅、
練習も1の指をなるべく使わないで
平気な顔してやりました。本当は血液が
心臓から流れる度にどくどくと痛いのです!
母に指はどうした?と聞かれても、
ちょっと机に挟んだ!とか言ったみたいです。
我ながら、凄い根性ですね?

登校してから、保健の先生が付き添って
薬やガーゼ交換などに行きました。
今でもその1の指には、その時の
残痕がありますが観る度にその度胸を
思い出します。

転ぶ時は必ず顔から転んでいました。
絶対に手を前に出さず、楽器を持っていたら
とっさに楽器は上に挙げて転んでいました、
だから、良く私は鼻を擦りむいたり、
ほっぺを擦りむいたりしています。
愛犬ミレの散歩の時も、良く引っ張られて
転びましたが、顔から落ちる!
だから鼻が低い?納得!
親も知らぬ指の怪我。話しをばらしちゃった!

生徒達よ!指、手、腕の怪我は命取りだと
自分に言い聞かせて、運動をすること!
[PR]
by violinland | 2011-09-14 14:12 | ご意見番

母、又骨折!!(>_<)

9月13日で満91歳の誕生日を迎える直前、
お風呂場で転んで、今回は、肋骨を2本
骨折。しかし、入院はしないで、
コルセットをきつく巻いただけで、
自宅療養になってしまいました。

しかし、ベッドから自力で起き上がれない
母を介護して、トイレに連れて行ったり
しなければならず、食事も今は宅配を
昼と夜と頼んでいるので食べられますが、
毎晩の夜中のトイレには誰かが
付き添わねばならず、
泊まりの介護の方を依頼しました。
一晩¥11700かかりますが
しばらくは必要でしょう。

老人介護については、自宅になっても、
施設になっても格差があり、
中には家を売って、2億円くらいのお金を払って
悠々と素敵な所に入って居る方も知っています。
それはそれでそれなりのお金持ちで
良いのでしょうが、一般的には
そうとまでもしていられないのが、大半でしょう。

母も、戦前お姫様で育っても戦後は一般人に
下がって(本人は未だにそう言っている)
戦後の怒濤の世界を生きてきた。
原爆にもあって、九死に一生を得て
生きてきた強い人ですから、
人生最期になっても気だけは強い。
私が何を言っても馬の耳に念仏、
馬耳東風。。。経済的にも今は年金暮らしの
母が、少しでも尊厳を持って
全うして貰いたいと思って居ます。

それで、私は慶應の法学部の一つの講座の
「社会学・特殊」を9月末から採りました。
内容は、高齢社会の物の見方、人間観、社会観、
が根本的に問われてくる歴史的変革期として
理解し、高齢化や老いを巡る問題を
「高齢者」としてだけではなく、
現代人全世代の「行き方」として
社会学的に考察し、
その根本的・原理的課題を
明らかにしていきます。

若い学生達に混じって、
(多分教授は私と同年代?)
格差が歴然とある、表向きだけは
社会福祉国家、日本の現状を考えていきます。
直ぐ、我が身に降りかかる問題だなあ。。。
[PR]
by violinland | 2011-09-14 13:35 | ケイコ先生より

坂井先生ご夫妻のリサイタル

いつも指揮者とトランペット奏者として
お世話になっている、坂井俊博先生と
奥様のピアニスト、岡本愛子先生のリサイタルが
9月21日(水)オペラシティー リサイタルホールで
行われます。入場料全席自由 ¥4500 価値あり!

ヒンデミットのトランペットとピアノのソナタ、
ショパンのノクターン第8番、武満徹のトランペットのための「径」
後はフランス物です。

岡本愛子先生は今東京藝大で後進の指導をされて居ます。
芸高・芸大卒業後、パリ高等音楽院ピアノ科及び室内楽を1等賞で
卒業され、その後ミュンヘン国立音楽大学大学院修了。
彼女の弾くフランス物は本物を奏でられる数少ない日本人
ピアニストだと私は思います。

ピアノを勉強して居る人は是非、その音楽性と音色を
学んで下さい。

坂井先生には今年の発表会で又バッハを振って頂きます。
[PR]
by violinland | 2011-09-14 13:04 | お勧めコンサート

塚本香央里先生のリサイタル、お勧め!

バイオリンランド 仲間の いつもお世話になっている、
香央里先生が 
12月4日 (日)14:00 開演オペラシティー リサイタルホールで
Violin Recital をされます。

そのお知らせです。
詳細は こちらへ 
[PR]
by violinland | 2011-09-13 15:45 | お勧めコンサート

9月29日(木 )玲子さんのコンサート

作曲家 新実徳英 先生の Violin作品集 のコンサートで
超絶技巧の渡辺玲子さんが演奏されます。
Violinにはこんな演奏方法、音程の取り方もあるんだと
ビックリするような演奏だと思います。
私は、彼女が初演した、新実先生のViolin Concerto No.2
の演奏会に立ち会いました。凄い1の一言。

このコンサートの詳細はこちらへ
[PR]
by violinland | 2011-09-13 15:19 | お勧めコンサート

自転車に乗っている人に質問!

自転車は中学生の時に通学に使っていました。
いつも、自動車と同じ左側通行でいっていました。

さて、今夜は、真正面から自転車が何台も来るので、
あれっ?自転車は歩行者と同じ、右側通行で、
車道を走るの?  でもその後今度はやはり私の車の横を
同方向へ左側通行。どっちが本当なの?

それと、横断歩道を平気で信号無視はするし、
歩行者を除けながら、乗ったまま突っ切っている!
そういうのを毎日イヤと言うほど見るのです。
自転車は歩道も走る,車道も走る、左右どちらの車線も
走って良いのですか?

後ろから車が来ているのを、バックミラーがないのに
どうやって知っているんだろう? 自転車の人は皆、
後ろにも目が付いているんですね?
博物館行きの 新種の人間が
自転車運転手なんだ?

信号で左折を待って居ると、左斜め後ろから私の
車の前を斜め横断する。見えない盲点の角度からだから
危ないので一度ビッとクラクションを鳴らすと、
後ろを振り返って睨まれた!
「 あんたねえ、そのうち死ぬよ!」 おまえは自業自得でも
それに偶然はめられた自動車の運転手はえらい
迷惑なんですけれど!

歩行者の為の、横断歩道を自転車を漕いで
渡っていて、事故になったら、自動車保険金が治療費全額
は下りないのを皆さんは知っていますか?
自転車に乗っている人も交通法規違反をしているから
せいぜい良くて、治療費の8割が自動車賠償保険で下ります。

怪我をして、仕事を休んで痛い思いをして、
怪我の治療費を大金払うのですよ!
健康保険は交通事故には効きませんから
自費診療費です。高いですよ1

自転車は横断歩道は自転車をおりて、
歩いて押していかねばならないのです。
そう、交通法規には書いてあるのだが、
其れを自転車を買う時に貰う冊子で読んでいる人は
少ないのでは?  

震災以後、帰宅困難者の経験者は
富に国道を我が物顔で大勢自転車通勤をしています。
黒い背広に、黒い鞄、何も後ろに反射板も付けず、
真っ黒い塊が何かしら動いている?と近づくと
サラリーマンの自転車!後ろから分かる反射ベルトか
何か付けないと、見えないんです!自殺行為で
3車線の国道の車道を、車の間を縫ってまるでバイクと
同じ感覚で漕いでいられるよな!?

無防備な真っ黒い塊は車が車線移行したらもろ、
ぶつかるのですが。。。でも車が悪いことになるんです!
自転車の運転手さん、自分は自転車、車が付いている物を
運転していると自覚して下さい。
そして、信号も赤は行っちゃちゃいけないんです!
気分は時に、歩行者、時にバイク、時に自動車。
これが今の都会の自転車社会現象です。
[PR]
by violinland | 2011-09-08 01:36 | ケイコ先生より

ONE LIFE 映像は満点!しかし。。。

Preview で観ていて、是非観たかった映画に今夜走りました。
原題 [ONE LIFE] 邦題 「ライフ」 
英国BBC 制作の莫大な時間と
お金のかかった素晴らしい映像! 
どうやってあの超至近距離から あんな映像と音が撮れる?
 息つく間もない場面展開で、世界中の動物達の
生きている,瞬間映像が観られます。 BRAVISSIMO!!

しかし、エイベックス日本が余計な事をしてくれたという
感じがしています。映画が始まる前に、日本独特の
言葉が詩回しで日本語で出て来る!それも色気のない
フォントで! 英語のままにしてサブタイトルを下に付けた方が
余程、スマートな映像だろうに!  そこでまず、BOO...

次に、松本幸四郎の男性の声、娘の松 たか子の声、
ナレーターとしては親父さんの方が格段上!
娘は言葉の発音はよいが、声の高さと音質が
映像とちぐはぐな感じで、これも英語のナレーターの
声が聞きたかった。

一番頭に来たのは、最後にとんでもない黄色い声で
其れも日本語の和製POPS が映画本体の音質とは
打って変わって、狭いスタジオで少人数の寄せ集めバンド
でバックを弾いているのがバレバレの安っぽい歌を
がなり声で歌っている。よくもBBCがこんなエピローグに
GO サインを出した物だと呆れ、映像の素晴らしさが
いっぺんに色あせて、安っぽい映画を観た気分に
させられてしまいました。帰りの道の後味の悪さったら!
一人で車の中で怒っていました。

一層リメイクでBBCだけで作り直したのをもう一度
上映したらどうですか? 映画の中の音楽は
既成の物ではなく、新しく作曲された物で、
Full Orchestra Sound truck 版で適材適所に
オーバーラップしないで上品だった。

が、最後にあの日本人男性歌手のがなり声で
全てが覆された残念な映画でした。
この映画を観る人は是非、イヤマフを持って
音が聞こえないようにして、映像だけ観に
行かれることを薦めます!!(笑い)
[PR]
by violinland | 2011-09-08 01:00 | 映画評論家?