以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大雪の秋田と豪雪の魚沼!

秋田市に会議があり、行きました。駅からは会場まで
タクシーを使いましたが、次の場所までは信号2つ位なので
歩きました。寒いと言うより寒気が刺すのです。
足下は雪道、凍っている所の上にうっすらとかぶっている雪が
とても危ないのです。おっかなびっくり地雷を踏んで居る?
というように、足先でちょちょっと触って良しと思ったら
体重を掛ける。これを一歩ずつやるので、3倍の時間がかかって
移動です。勿論雪道用の靴を履いて行きました。

ビックリするのは若い女性が少しヒールのあるブーツでさっさっと
私の横を追い抜いて歩いて行くのです。もっと驚くのは自転車で行く
おじさんや学生! 自転車のタイヤにスタッドレスタイヤはあるのですか?
普通の歩き方でかかとで第一歩は絶対に歩くなと言われていたので
翌日は秋田駅まで、普通では10分の所を30分見ておそるおそるでした。
行って見たら駅の拡声器が「昨夜の大雪で、大曲、角館、湯沢。。。。は
運休します。ご迷惑を掛けて申し訳ありません」と言っているではないか!
えっ新幹線は? さすがに雪国新幹線こまち、平常運転と言うことで安心しましたが
盛岡までは在来線の単線新幹線。駅員も居ない小さな駅では新幹線が
待ち合わせでやり過ごすのです。踏切もたくさんなあります。
初めて秋田へ行った時には、離合する新幹線に眼が点でした。

大宮まで遅延もなく動き、ここで私は上越新幹線に乗り換えて
新潟県魚沼市へ行きました。ここは新潟県でも豪雪地帯です。
この新幹線もダイヤ通りに動いていました。雪対策は万全で
線路の上と新幹線に凍結防止にお湯と塩がかかるそうです。
さぞかし、毎回走ったら、掃除が大変でしょう!

お迎えの車に乗ったら、いつもとは景色が違います。
道の両側は2M~3Mの雪の硬い壁です。家々は全く見えないので
何処を走っているか分かりません。と言うことは何処で曲がって良いかも
分かりません。半分目隠し状態で運転される土地の人は偉いですね!

信号のない四つ角はそろりとボンネットまで出して、
「私、居ますよ!出ますよ!」と意思表示をしなければなりません。
「よく交通事故がありませんね?」と言ったら、
「しょっちゅう、軽い衝突は皆経験しています。スピードは
出さないから、衝突しても怪我はしませんが、車はボコボコですよ」
と事も無さそうに答えられるので、何と返答をして良いか?
地元以外のナンバーが付いて車は、「おっと!危ない!」と
皆除けて運転するそうです。私の車に冬タイヤを付けたら、
皆が「おっ!横浜ナンバー車だ!離れよう!」と言うわけです。
でもこの雪道を運転するのは死に目に会いに行くようなものだから
絶対に車では行きません!まだ、叱らないといけない生徒や学生が
いっぱい居るので、当分死ねません!!
[PR]
by violinland | 2011-01-26 02:05 | ケイコ先生より

The Social Network

ソーシャル・ネットワークという原題のままの映画を観ました。
Harvard Univ. のオタク学生が今世界中で流行っている
Face book で一躍、最年少の億万長者に躍り出た。
地道に勉強してまっとうな生活をとるか、一夜にしてIT長者に
なっても、訴訟で友人を失い、恋人からは変人扱いされた上に
振られて、人間としての幸せは何だろう?
と考えてしまった映画でした。
コンピューターオタクの人は是非、観て下さい。
一寸したアイデアで Face bookは爆発的に世界中を駆け巡りました。
唯、未だに私が分からないのは、個人情報を表に出す事を嫌うアメリカ人が
何故、自分のプロフィールを赤裸々に不特定多数の全世界に発信するのだろう?
それに、どうして、発案者が億万長者になるの?face bookに広告は入っていないでしょう?
誰か分かる人、教えて!不思議で哀しい映画でした。
[PR]
by violinland | 2011-01-26 01:27 | 映画評論家?

Mちゃん芸高入試合格!

長い間地道に練習、努力の甲斐があって、皆さん誰だか分かると思いますが
実名は本人の了承を未だ得ていないので、伏せます。今日午後発表だった
東京藝大音楽学部付属音楽高校の入試に1次、スケールとRode,
2次Mozart Concerto No.5 第1楽章。の課題を通過して、
3次楽典試験とピアノ、翌日は学課と面接。6日目にして合格発表でした。
小学校5年生の時の発表会でこのMozart を弾いていました。
本当に長い鍛錬の末に勝ち得た嬉しい合格でした。
本人Mちゃん、それを熱心にバックアップされたご両親、
皆が一丸となって戦った受験でした。

何十年も前に私も同じ試験を通って、その1月の寒空に母が試験中表で
他の受験生のお母様方と待っていたそうです。さぞかし、寒かっただろうと
今になって思います。
何時になっても受験は最後までハラハラドキドキで身体には悪いです。

この芸高受験の方が芸大受験より難関です。まずはおめでとう!の今日でした。
[PR]
by violinland | 2011-01-26 00:56 | ケイコ先生より

カントリーウエスタン合宿in 湯河原

アメリカから帰国して、かれこれ20年になりますが、
このOdds&Ends という異業種の趣味の集まりの
グループに入っています。
お互いに一緒に20歳年をとっているのに。。。
年齢を感じさせないで、夜遅く迄、こうやって
ずっと誰かが弾いて、誰かが歌って、カントリーダンスをして、
楽しい一晩を食べて、飲んで踊って、20年前と同じに楽しむのです。
月1回、練習会と称する飲み会があり、望まれれば、ライブに生出演。
私は?何をする? この時はViolinist ではなく Fiddler です。
譜面台はあるのですが、譜面は乗っていません、歌詞カードだけです!

この写真の伯父さん達、会社では大企業のお偉いさん達なんですけれど、
このグループでは、皆平等、社会の箍を外して、楽しそうでしょう?
私は撮って居る人ですから写真には写っていません!
皆様に笑われそうな姿は恥ずかしくて見せられませ〜ん!
f0149700_23544910.jpg

[PR]
by violinland | 2011-01-13 23:56 | ケイコ先生より

賀状整理!。。。。

元旦には間に合わないのですが、
私の賀状を年1回の賀状だけのお付き合いの方達を優先して
やっとの思いで出しました。
しかし、最低月に1回は会える生徒さん達には遂に出さずじまい
が多く、一昨日?は鏡開きと言うことは、今から出すのは可笑しい。
残っている賀状は、お会いした時に手渡し?アハハです。

一つ観た映画でとても良かったのは、
「最後の忠臣蔵」何十本も見た普通の忠臣蔵と全く違った
方向からの忠臣蔵! 実在の人かも?と
思わせられる、迫真の演技の主人公。
邦画も楽しくなりました。最後には「何故切腹?」
と悲しくなったのですが、武士の掟、としては
ああせざるを得なかったのでしょう。
泣けて終わった良い映画でした。
未だ上映していたら、是非観て下さい。
昨今の草食男子よ! 昔の日本男子はこうだった!
観てみろ!と言いたい。
[PR]
by violinland | 2011-01-13 23:02 | ケイコ先生より

劇場公開のアニメ映画のお知らせ

今月1月29日(土)より、劇場でも公開されるアニメのご案内です。
「昭和物語」 この映画は全て手書きの何万枚もの絵で作られて、
CG画像を使わない、昔ながらのアニメーションを敢えて実行して作ってあります。
お近くの、ワーナーマイカル劇場の上映スケジュールをお確かめ下さい。
センター北と南の間にある、ノースポートショピングセンターの
中のワーナーマイカルでは29日より上映されます。
地味な作品なので、1週間程度だと思いますので、行かれたい方は
お早めにどうぞ。

物語は昭和39年オリンピックの年の東京都大田区蒲田の町工場の
物語です。そういう時代はつい先頃まであったし、私が高校生の時、
毎日代々木のオリンピック競技場の聖火を観ながら、中央線で荻窪から
藝大付属高校のあった、お茶の水へ通っていました。

この映画の音楽を全部私のソロと、仲間の室内合奏団で演奏しています。
自分では録音当日、どの曲がどの場面で使用されるのか知らないまま、
録音です。劇場で自分で聞くのはとても大音響で気恥ずかしいのですが、
後で、こうだったと言うよりはよいと思って、ブログに書きました。
[PR]
by violinland | 2011-01-07 13:48 | 映画評論家?

里帰りは疲労困憊!?

元旦のブログを書いてからヒト寝入りして、新幹線で広島へ!
覚悟をしてから実家へ帰省するなんて普通では考えられないでしょうが、
私は実家の母がチョット手強い手に負えない女傑なので、
どうにも気が重い。運と覚悟してからでないと、敷居を(マンションのドア!)
を開けられない。 普通は90歳と言えば、老人ホームで優雅に暮らして居るか、
病気入院中。しかし大正9年生まれの母は、マンションに独居を譲らない。
元旦は、三越からの御節で正月らしく夕餉。まあ、この辺はまだまだかかって来ない。
翌日は教会へ礼拝にいくが、チョットでも手を添えると、私の手を払う。
聖書を私のは借りたか?賛美歌は?此処へ座れから誰に挨拶したか?
などなどとにかく指示とDon"t が多い。

その辺から、私をどうも中学生扱いにまだして居る様子。
高校から上京していたので、一緒に住んだのは中学生迄。
どうも彼女の頭の中の私は中学止まりらしい!?
教会の帰りは、広島中心地に並ぶ、三越、天満屋、福屋の3デパート巡り。
カートを押しながらゆっくり歩行に付いて行く私は忍の一字。
どこに行っても知って居る人が挨拶するからその度に、娘が帰って来ています!
いい年して、私も娘か? 毎日デパートを巡るから、やたらと流行を知っている。
あの行動力にはあいた口が塞がらないが、あっぱれとも思う。

まあ、指示待ち人間が多いと文句をいう私ですが、コト、母に関しては先回りをすると
必ずやり直しをさせられるか、文句タラタラ。だから、指示が出る迄手出しをしないことが、
平和に繋がる。、という事は、若い人が指示待ち行動を取るのは、我々の世代が
先回りをしてなんでもやっていたか?文句ばかりが多かったのかも?

逆の立場になって居るこの4日間です。ソロソロ疲れきって来たので、明日は帰ります。
母が「次はいつ来るの? 」と聞いたが、 このギクシャク、私が心身ともにぐったり来た4日間を完全にリカバーする迄は、帰省したくない!
毎回、どっぷりと疲れる為に帰って来て居るような実家帰省です。
まるでお姑さんの家に行って居る嫁みたい!フ~ウ
[PR]
by violinland | 2011-01-05 00:34 | ケイコ先生より

明けましておめでとうございます! 2011

2011年が明けました。
又今年も色々と楽しいこと、厳しいことと多々あることでしょう。
ひとえに練習あるのみの藝の道、自分に厳しくなかったら何事も
後で笑顔が無いことは、先のコンサートで実感なさったことでしょう。

弦セレを弾いた上級の人達は、プロの先生方の手助けがなかったら
あんなにすんなり曲が進んでいなかったはずです。
いずれは自分たちが、後輩の助っ人になれる迄に成長して欲しいものです。

アイネクにフーフー言っていた子ども達も、弾き終わった後の顔がとても
満足していました。それは、練習会にきちんと大変ながらも通った成果です。
その下の未就学児達も大変立派に弾きました。
初めは曲数が少なかったのですが、増やしても一層喜んで練習し、本番は
見事にその場を責任もって弾いていました。横にいて、とても誇らしく
微笑ましく思っていました。

見学に来た、大人の生徒さんが、「あの年齢からアンサンブルの厳しさ、喜びを
教えて貰えるなんて羨ましい!」 と言っていました。

今年は年末にソロの発表会です。大きな曲を弾くつもりの人達は
春休み前までに曲名を決めて下さい。
3分くらいの曲は夏休み頃決めて下さい。
目標に向かって又今年の締めくくりが笑顔で出来るか?
それは練習量だけの問題です。 
皆さんへ今年も私は全力投球しますから、しっかと受け止められる
力は家での練習にかかっています。 がんばれ〜!
秋田弁で言えば けっぱれ〜!
Happy New Year of BUNNY! 跳んでくださ〜い!
[PR]
by violinland | 2011-01-01 10:13 | ケイコ先生より

明けましておめでとうございます!

2011年が明けました。
又今年も色々と楽しいこと、厳しいことと多々あることでしょう。
ひとえに練習あるのみの藝の道、自分に厳しくなかったら何事も
後で笑顔が無いことは、先のコンサートで実感なさったことでしょう、

弦セレを弾いた上級の人達は、プロの先生方の手助けがなかったら
あんなにすんなり曲が進んでいなかったはずです。
いずれは自分たちが、後輩の助っ人になれる迄に成長して欲しいものです。

アイネクにフーフー言っていた子ども達も、弾き終わった後の顔がとても
満足していました。それは、練習会にきちんと大変ながらも通った成果です。
その下の未就学児達も大変立派に弾きました。
初めは曲数が少なかったのですが、増やしても一層喜んで練習し、本番は
見事にその場を責任もって弾いていました。横にいて、とても誇らしく
微笑ましく思っていました。

大人の生徒さん達が、あの年齢からアンサンブルの厳しさ、喜びを
教えて貰えるなんて羨ましい! と言っていました。

今年は年末にソロの発表会です。大きな曲を弾くつもり之人達は
春休み前までに曲名を決めて下さい。
3分くらいの曲は夏休み頃決めて下さい。
目標に向かって又今年の締めくくりが笑顔で出来るか?
それは練習量だけの問題です。 
皆さんへ今年も私は全力投球しますから、しっかと受け止められる
力は家での練習にかかっています。 がんばれ〜!
秋田弁で言えば けっぱれ〜!
Happy New Year of BUNNY!
[PR]
by violinland | 2011-01-01 10:09 | ケイコ先生より