以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

元旦NHK午後6時からの番組!

午後6時から8時までの2時間番組 「イタリア」
その中にの部分ですが、 ベリッシモ先生が出演するそうです。
コタツに入ってミカンを食べながら、何かテレビでも観るなら
このNHK番組でひとときをお過ごし下さい。
私はその時間、もう広島へ帰省して、母と観ているでしょう。

AIU で私のクラス学生が一人広島市出身。その学生といつも言うことは
「広島風お好み焼き」その「風」がイヤなんだよね!
それで、3日はその女子学生と一緒に本物のっ!「広島お好み焼き」
「風無し!」を食べに行く約束をしています。
秋田で教えている学生と広島で再会できるのは嬉しいです。

今日は大晦日、なのに、やろうと思っていた片付けの1割も出来ず、
却って片付ける為に物を出すから、それを仕分けするだけで時間を取られて
何の為の片付け?と自分でへこんでいます。
まあ、なるようになるさ、ケセラセラの気分でいかないとやっていられない!

賀状は全く間に合わないので、このサイトを見て頂ける方や普段良くお会いする方々には
メールで失礼します。
皆様良い新年をお迎え下さいませ。今年も多々お世話様になりました。
健康が護られて居られたことが大変有り難くみなさまに感謝申し上げます。
 もう、片付け物、お尻に火がボウボウと燃えている慶子先生より
[PR]
by violinland | 2010-12-31 12:14 | ケイコ先生より

バーレスク、最高に楽しい!

Sheer が大人の女性の魅力を見せてくれる映画、バーレスク(Burlesque)
はプロダンサー達の息もつかせぬ素晴らしいダンスに主人公のドスの利いた、しかし美しい
歌声と男声並みの声量に度肝を抜かれます。
久々にアメリカのダンス人口の厚みを感じ、エンターテイナーの
プロ根性を見せて貰った映画でした。

私はクラシックのみならず、プロの上手い歌なら、演歌でも、Jazzでも、義太夫でも
お謡いでもミュージカルでも何でも受け入れます。
受け入れられないのは、身振り手振りは派手でも複数でがなり立てる、それも全員
同じ音程の悪さで斉唱しながら踊るじゃりタレの様なグループとヘビメタ。
ただ、うるさいだけだし、歌詞も分からない!意味不明で何も伝わらない歌。

だから、こういう歌唱力のある若い女性の出世映画は歌とダンスが満載の
大変楽しめた映画でした。脇役を務めたSheerが本当に彼女独得の味を出していて、
これも魅力たっぷりでした。

こう言う映画をアメリカは作れるのだ。 日本のミュージカルが良くなったと言っても
私には高校の演劇部の延長にしか見えません。踊れない、歌えない、スタイルが
悪く短足にデブでは舞台映えがしない。特に、今時の若い子に多い内股歩きの延長で
踊っても、演技中の歩きが可笑しくて見ていられない。笑いそうです。
日本のミュージカルを観に行かなくなって久しい。容姿からしてアメリカ人の足の長さには
かないそうもないし、地毛で金髪やブロンドなのに、黄色人種の顔色に金髪のカツラでは
どうにも様にならない。リズム感が抜群な上に物怖じしないお色気。
日本人が同じ目線をやると、みょうにわざとらしく、カツラもカツラと現実味がない。

Burlesque を楽しんだ分だけ、日本のタレントの軽薄さと層の薄さを実感しました。
[PR]
by violinland | 2010-12-30 03:34 | 映画評論家?

Ensemble Concert 終了!Bravissimi!

26日、代々木オリンピックセンター小ホールで大変充実した素敵な
コンサートを無事に終了しました。
たくさんのご父兄と、友人達にご協力を頂き感謝致します。
大雪の魚沼からも3人の仲間達が駆けつけて下さり、参加でした!

ご家族、ご親戚、友人とコンサートを盛り上げて頂きました。
演奏することの楽しさ、厳しさ、崇高な緊張感など、学校や家庭では
得られない貴重な空間がありました。
難曲のチャイコフスキーの弦楽セレナーデを全4楽章演奏したのは
最も緊張した瞬間だったでしょう? 坂井先生の見事な指揮で
一致団結状態の時間でした。リハーサルが何回もあり、大変だったことと
次の日に学校があることを心配しての参加でしたが、やれば出来る!
少々の無理はしてもそれ以上の物を得ることが出来たと信じます。

中にいた小学生3人はきっと大きくなって振り返ってみて自分を
誇れるでしょう!? その時は、芯になる演奏者になって居て欲しいです。
今回は全ての音を弾いていたとは思いませんが、兎に角必死で譜面を追い、
他の人の足を引っ張らない努力をしていました。褒めて上げましょう。

中学生も必死でしたが、指揮者を見る余裕がありましたか?
私の目は後に付いていないので、見えず、そのうちDVDでも見たいです。

兎に角未就学児4,5,6歳児が立派に立って、タイミング良く音を出し、
一生懸命に楽譜を追って演奏している姿は感動物でした。
私が居ようが居まいがお構いなしのようでしたが。。。

来年の本番日程は 12月25日 バッチリとクリスマスの日です!
皆様今からカレンダーには 23,24,25の3日間を書き込んでいて下さい。
23と24は Bach Double Concerto, Rondo のリハーサルと伴奏合わせです。
本番開始は未定ですが、多分2時頃でしょう、何しろ毎回5時間はかかりますから!

新年を心身共に健康で過ごせるようにお祈り致します。
賀状が間に合うかな? でもメールで送信できる生徒さんにはそれで失礼するかも
しれません。ご了承くださいませ。  

 I wish you A Very Happy New Year of Bunny! from Keiko
f0149700_358594.jpg
  
[PR]
by violinland | 2010-12-28 03:48 | ケイコ先生より

AIU コンサートと魚沼発表会終了!

AIUの学生達のコンサートが17日金曜日夜開かれました。
学生達は201クラスの初級者30人とAIU Ensemble PLUS
の上級クラスと2クラスが合同でコンサートでした。
ゲストにはチェンバリストの大石祥之氏をお迎えして、
クープランのクリスマスにちなんだ曲をソロで3曲。

201クラスの学生達は鈴木教本の1巻から3曲、
他には合同でパッヘルベルのカノン、バッハのカンタータ
、クリスマスキャロルなどを必死に緊張の面持ちで
弾いていましたが、とても響いて良い音楽が出ていました。

PlusのクラスはモーツアルトのディベルティメントNo.1
を全楽章、良い速いテンポで何とか弾ききりました!
2クラスの演奏程度については比べるのはアンフェアだと
思います。方や秋学期の9月に初めてバイオリンにさわりました。
方や、小さい頃から何かしら弾いた経験のある学生達のクラスです。

中嶋学長も全曲、学生と一緒に弾かれて、大いに御機嫌でした。
済んだら、学生達は興奮気味でした。どちらのクラスも
達成感に良い顔でした。

済んで、卒業する学生達が私の部屋に集まって鍋大会。
一つはもつ鍋、もう一つは豆乳鍋と二つの味で、お腹いっぱい!
デザートもたくさん有って、学生達は満足して帰っていきました。

次の朝の便で東京へ戻りそのまま、魚沼へ新幹線で行き、
魚沼バイオリンランドクラブの発表会でした。
老若男女こちらも私はソロの曲にハラハラドキドキしっぱなし!
全部が済んだらどっぷりと疲れました。
3人の子ども達が26日のこちらのアンサンブルコンサートに
他流試合(?)に来てくれます。旅費とホテル代を使って
来てくれるのです。東京のグループの皆さんは暖かく
迎えて一緒に弾きましょう!これぞ本当のアンサンブル。

明日からは最後の詰めの週に入りました。今週は連続練習会が
ありますから、なるべく同じ事を注意されないように
一度楽譜を目でも良いからおさらいをして、来て下さい。

秋田のAIUはもう20センチほど雪が積もっていました。
驚いたことに魚沼は未だ全部の道がキレイでした。
でもAny time 来るぞ!というどんよりした雲が昨日はありましたが
今日はサングラスが居るほどの快晴で、山に残る雪がまぶしく
美しかったです。冬支度は皆さんしていらっしゃいました。
さあ、今年の冬は道のポールのどの位の高さまで壁が出来るでしょうか?
1,2月に行ったら写真を撮りたいです。
[PR]
by violinland | 2010-12-20 00:23 | ケイコ先生より

AIU学長 新刊書

AIU学長が昨日発売の新刊社を出版されました。
「なぜ、国際教養大学で人材は育つのか」 祥伝社黄金文庫 ¥550
私が毎週飛行機で秋田通いをやっていることは皆様ご存じだと思います。

なぜ、超多忙な時間を割いて、飛行機で行かねばならない大学へ教えに行っているか?
それは、学生がとても良いからです。でも全国から集まって来ているそれぞれの学生には
良いご両親が付いていて、きちんと家庭教育がなされ、躾が厳しくなされているようです。

学校の勉強ばかりが、ペーパーテストで点が高いだけが良い学生にはならない。
多分、この本を読んでいただくと、何故、10年20年後の日本を背負って立ってくれそうな
Globalな大人が国際教養大学で育っていくか、答えが垣間見られるのではないか?
と感じます。私も今日買ったばかりですから、未だ斜め読みくらいです。
学長が何時も考えていられる本当の教養、Globalな人間に育つには、
「音楽、藝術」が人間形成に不可欠と声を大にして仰います。
私もプロの音楽家は10万人に一人で、残りは人間形成の為に鍛錬をつんでいるのだと
思っています。 興味がありましたら、どうぞ買って上げて下さい。
子育ての良いヒントが有ると思います。
写真は 12月11日の私のクラスで練習をされている
学長と、
f0149700_2134721.jpg
手伝って下さって居る渡辺玲子先生です。
[PR]
by violinland | 2010-12-14 02:16 | ケイコ先生より

「武士の家計簿」 ほのぼの。。。

幕末から明治にかけての加賀百万石のお城で今の財務部の
仕事をしていた実在の猪山家の話。そろばんが脇役。

武家が無くなる時代の過渡期を過ごした主人公の父親の話が
大筋だが、古き良き時代の家族がそこにある。
4世代が自然に老人を尊敬し、家の中で尊敬語を使いながら
しかし、情を通わせながら生きていた時代。
昔の武家ではこれが当たり前だったのである。

親に向かって口答え等できようはずも無かった時代。
私もそう言う武家のずっと新しい時代に躾けられたが、
両親をお父様、お母様と呼び、口答えや、すねた物の
言い方をしたら、ビンタが飛び、家から出されていました。
「そういう、ひねくれた子供に育てた覚えは無い!外を廻って、
頭を冷やしてこい」と寒空に上着も着ないで、おっ放り出されていました。
負けず嫌いの私は「そう言う風に育った覚えは無い!」と言いながら。
それでも1時間くらい、良く一人で家中心の半径100M
位を歩いてふてくされていました。

映画を観て、ああ、もっと古くに生まれていたら、もっと厳格だったのだと
ホッとしました。

兎に角、現代っ子が観ても何か感じる映画でしょう。
音楽は大島ミチル氏の音楽でしたが、殆どは彼女自身が
弾いているであろうピアノソロ。時々弦楽器が邪魔にならない
音で和声だけ付けている感じ。でも良い曲でした。

一番ホッとしたのは、最後にJPopsの全く関係のない歌が
がならなかった事。 ずっと本編の雰囲気を壊さない
ピアノソロ曲でした。観客は殆どが大人でした。
お時間があったら観に行って下さい。きっとホッとする味のある
映画だと思われるでしょう。
[PR]
by VIOLINLAND | 2010-12-11 21:49 | 映画評論家?

AIU クラス練習中 玲子さん飛び入り!

12月17日のFinal 試験兼のコンサートに向けて
今朝は一生懸命に練習中の学生と、学長、一人ちょっと
お年を召した方がいるでしょう!
丁度暇だからとお手伝いに行く!と渡辺玲子先生が入っていらして
練習をしていた「愛の挨拶」の揺れ方が難しいので、一緒にソロで
弾いて貰いながら弦楽四重奏版にピアノの伴奏を付けて、練習をしました。

何と豪華な、気持ちのよい曲になったでしょう!
私はiPhoneでこれを撮っていました。ついでに音も入れましたが
どうやってHPにアップするのか??
学生達は玲子先生のメロディに会わせて、一生懸命に練習しました。

この大学は音楽学部が無いし、部活も音楽系統はJazzしか有りませんが、
クラスとして、こういうアンサンブルがあり、結構弾ける学生が居ます。
留学生で弾けるのは、まさかAIUにきてこんな高度なアンサンブルが弾けるなんて!
と予想外の展開に喜んでいるのが多いです。

17日はプロのチェンバロ奏者、大石祥之氏をお招きして
プログラムの間にチェンバロソロでクリスマス向きの
クープランの曲を3曲演奏して頂きます。
コンサートの後は、私の宿舎に、4年生就職内定学生と来年早々留学する
学生達が来て、お鍋をつつきます。2種類のお鍋に、最後は雑炊。
さぞかし和やかな打ち上げになるでしょう。

その次の朝18日の便で発って、私は魚沼の発表会に急ぎます。
まさに師走の慶子先生です。風邪も引けませんね
f0149700_2124684.jpg

[PR]
by VIOLINLAND | 2010-12-11 21:26 | ケイコ先生より

アメリア、永遠の翼

ZONTA Club International を以前にも書きましたが
世界規模の女性キャリアウーマンの慈善団体。
とても意義ある活動をしています。

その団体の大きな奨学金が(アメリア イアハート)基金から出ます。
これは、世界中の大学、研究機関で、宇宙工学、航空機工学を学んでいる特に優秀な
女子学生に贈られる奨学金です。
女性初の大西洋単独飛行をして、数々の飛行業績を残し、最後にトライした
世界一周飛行の、太平洋横断でハワイに飛んでいる途中、燃料切れで
消息をたち、行方不明のまま現在も発見されていません。
大変な悲劇ですが、彼女は一番好きな事を多くの反対者に耳を貸さず、
敢行して事故になったのです。

彼女の伝記が映画化されて、実写との混合映画でしたが、
プロデューサーが後々御主人になります。
結婚をためらって自由人で居たかったアメリア。
その魅力に結婚を申し込んだパートナー。
これをR.Gere が渋くもしたたかな男性像として好演!
私は彼が好きなので ((^-^)/ハートマーク)彼の映画はみんな観ます。

アメリアの実像が何処まで忠実に映画化されていたかは疑問ですが、
結婚して居ながらも浮気心を起こしたり、御主人以外の男性と
エレベーターの中での熱々Kiss!
これには、生き過ぎ~~と思いました。 とても自尊心が強く、
我儘な女性だったのかも?と、映画を観て、
チョット アメリアの事が疑問になりました。
今まで素晴らしい希望の星だった彼女が、やはり普通の人間だったと
分かりました。アメリアの事をご存知ない方は、特に行って観る映画
ではないと思います。 最後は悲しいし、泣けるし、でも、そういう
人だったんだ…と割り切れない気持ちで映画館を後にしました。
[PR]
by violinland | 2010-12-04 00:38 | 映画評論家?