以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最近の映画あれこれ、深夜版

最近公開された映画の中で、皆様に「良いから観て!」
と言うのが少ないのですが、独断と偏見のわがまま評論家「おすぎ」
ならぬ「おけい」としましては。。。

「おくりびと」は感動物でした。以前にも書きましたが、
 チェロが全編に流れているのも良かった。彼は相当練習していたらしい。

「ウォンテッド」は筋道無しのタダの疲れる映画、観るのは時間の無駄。

「最後の初恋」R. Gereが好きな私は、これは一人で観に行く映画ではなかった!
 もう哀しくて、切なくて。誰も側にいなくて泣ける肩を貸してくれる人が
 居なかったら観に行かない方がよい。帰宅して、しばし、物思いに耽っていた。
 あんな大人の悲恋はないよなあ。。。ハッピーエンドにして欲しかったなあ!

「イーグル・アイ」スピルバーグが制作総指揮しただけあったが、 
 めまぐるしく、CGが全編に採用されていて、凄まじいスピード感。
 鷲の目ではなく、私の目が回った。足を突っ張って観ていたせいか、
 終演後はしばし酔っぱらい状態。真っ直ぐ歩けなかった。
 人間がコンピューター制御されても、最後は人間の方が勝つんだ!
 でも、こういう危険は文明国家では制御されるでしょうが、
 文明国家ではなくても経済だけの成り上がり独裁国家も地球上にあるから
 危険性はなきにしもあらず。ぞくぞくっとする映画でした。

「容疑者Xの献身」これは筋が面白かった。意外な展開でハラハラしたが
 犯人が初めから分かっているサスペンスはだんだん犯人を弁護したくなってしまう。
 警視庁の連中は本当にあんなに大勢で事件捜査に当たっているの?
 其れにしては展開が遅いな。本当に捜査をしているのは2人だけ。
 後は何して給料を貰っているのか? ボーナスだって国家から出るでしょう?
 生涯、ボーナスを見たことも貰ったこともない私のひがみか?
 女性刑事に今でも「お茶!コーヒー!」とお茶くみを言う上司が居ることに
 本当かな?其れをやっている女性刑事。そうだったら、
 警視庁の体質は昔と変わっていないんだ。

洋画と邦画の大きな違いは 音楽!フルオーケストラのDorby soundの迫力と
音楽の効果。邦画の音楽は、兎に角ちゃち! フルオケを殆ど使わないし、
使ったとしてもタイトルバックのみ。 中身にオケを使うと音響の厚みが出るのに、
最近の邦画は映画自体が良くても、映画音楽が薄い。
昔の黒沢作品や松竹のチャンバラ映画でも音楽は厚かった。

「容疑者X」の音楽は 福山雅治の歌が全編に流れ、伴奏楽器も薄い。
まるでカラオケボックス?本当のカラオケなら、薄くてもオケ伴だ。
もろ。スタジオで数人で音入れしたと思われる、安上がりな音楽になっている。
映画そのものは面白かったが、音楽が何人で演奏して、どれ位の費用を音楽に
使っているかな?が仕事柄、想像できる映画に関しては、
感動が少なくなって色あせてしまう。
良い映画には、せめて厚い音の音楽をフルオーケストラで録音して欲しい。

超多忙の中でも暇を作っては映画館へ逃避するおけいです。  
[PR]
by violinland | 2008-10-23 03:46

「バイオリンランド」1巻重版

「バイオリンランド」1巻が 10月末に第4版として出版されます。
皆さんの応援の賜と感謝いたします。

不況の折、出版業界は何処も赤字、青息吐息が多い中、重版になる
楽譜はとても少ないのです。
その中で、「バイオリンランド」が4版迄刷られる事は大きな
意味があります。
これからも、「バイオリンランド」を宜しくお願いいたします。

            多謝    ケイコ
[PR]
by violinland | 2008-10-18 03:34

97対3とは何? 

今日は(と言っても、既に18日ですが)最後に、趣味で精進していらっしゃる
ドクターのレッスンがあり、レッスンが済んだ後、色々な古今東西の問題、
鬱病の事などディスカッションの場がありました。

脳の97%は、右脳の働き。たった3%が左脳の働きなんだと聞きびっくり!
中学校の教科から音楽や図工が無くなり、選択科目になってしまいました。
日本の学校教育は左脳のための暗記物、計算物を主として、其れが出来れば
その子供は成績が良い子とされる。

しかし、脳細胞の働きの右脳を活性化、働かせる教科はドンドン無くなっていく。
これは人間性を破壊し、ロボット人間を作り出しているような物。
今の医学部に右脳を使った教育を受けてくる受験生が少なく、左脳ばかりが
発達した子が受験してくる。憂えることです。こういう医者が増えていくことに
日本の医療の未来は明るくない。

先生のお子さん達はやはりヴィオリンを弾き、ピアノを習い、お嫁さんは
チェロを弾き、今は地方の病院勤めですが、横浜へ帰ってきた暁には
家族で室内楽が出来る。楽しみです。 音楽は右脳を活性化して
バランスの良い人間を作る大きな力なのです。と力説されました。

楽器や歌を演奏する努力、練習、忍耐、考えて音を創る、こういう一連の
鍛錬がいかに人間性を育てる薬になるか、石油で作った薬を処方されて
無気力な鬱病状態になる人は子供の時に音楽に触れていなかった人が
多い。 また、年を取ってから始める人はその勇気と鍛錬が老化を遅らせる
働きがあり、未開発だった97%の中の幾分かを使い始めることによって
気分的にも若さを保てる。

どうですか?音楽を始めることは、老化防止、バランス人間形成に
切っても切れない関係がありそうです。
先日の重度心身障害児の涙の謎が解けました。彼は未開発の97%の
部分で私たちの演奏を聴いてくれていたのです。
だから、話せなくても、手を動かせなくても、感激を涙を流して喜んで
くれることは出来たのです。素晴らしい体験でした。

これを話したら、「ケイコ先生は良い行いをなさいましたね」と
言って下さいました。お金では買えない宝物を持っている気分でした。
[PR]
by violinland | 2008-10-18 03:29

西日本Trio 演奏旅行 終了!

9月26日出発で27日は広島で母の米寿祝いを兼ねたコンサートを致しました。
満員の会場の温かい雰囲気と助けていただいた広島バプテスト教会の皆様の
お陰で皆様に大変喜んでいただいたコンサートとなりました。感謝!
母も喜んでくれました。いつも親不孝をしているので
一寸だけごますりが出来ました。(?)

翌日はレンタカーで関門橋を渡り、佐賀県唐津市へ。
そのまま、玄界灘の漁港呼子へ透き通ったイカの刺身を食べに
行きました。前回、しけのために一杯もイカが揚がらず、残念な
思いだったので、今回は一人一杯贅沢に食べました。本当に透き通っているし、
げそは踊っている!それを天ぷらにしましたが、最高!
オコゼの唐揚げも一人一匹! 魚嫌いの私も目をつぶって、でも、食べました!

演奏旅行で音楽以外で幸せを感じるのは、行った先々で出会う人達と食べ物です。
地方でしか味わえない珍味、料理、本当にこれがあるから音楽家は
止められない?

唐津のシーサイドホテルは朝食が凄い。 朝から佐賀牛のステーキを
目の前の鉄板で焼いてくれるし、お寿司も握ってくれる。
普段小食の朝食人間が目が卑しいので、お昼の分も?と言うくらい
食べまくった2朝の朝食でした。

唐津焼の上里太郎右衛門窯の工場に入らせていただき、湯飲み茶碗に
絵付けをさせて貰いました。近々、焼き上がったら入手できます。
中野窯では幾つかの作品をご本人から頂き、又、購入もして、
焼き物作品が増えていくのは楽しいです。
唐津の公演も満員で無事に終わり、ホットしました。

翌、30日は生憎の小雨模様。まずは、西南学院大学へ行き、
朝の礼拝を30分間奏楽、讃美、証し、後奏、と10時半から
指と頭を目覚めさせながら、無事に終了。
学食で昼食後は、夜のコンサート会場でリハーサル。

その足で、久山療育園、重度心身障害児の素晴らしい施設へ
訪問コンサート。床に転がされて、聴いている重度の心身共に
傷害を抱えている子供達、喜びを必死で手を振り表してくれる子、
絞り出した声で、「有難う」を言ってくれた子供達。
国の医療、福祉行政がこんなに貧困な経済大国はあるかしら?
北欧、ドイツ、の施設を知っているので、哀しくなりました。

アメリカはお金持ちは別として、国の福祉行政は万全ではありません。
国民皆保険制度がどうしても成立出来ない国なのです。共和党陣営の
オイルリッチが保険会社も経営している、どうしても赤字経営の医療には
利益優先、福祉は二の次。踏み込めないのでしょう。
だからこそ、国としての福祉行政が必要なのに!
日本はアメリカの真似をして居る? 
北欧の10分に一でも良いから真似をして欲しいと、
今回特に日本の福祉行政のお粗末さに呆れました。

夜の満員コンサートはこの久山園の為のコンサートでした。
一晩で、切符売上金だけで32万円ほど寄付できました。
後からもっと寄付が集まっているそうです。微力でしたが
私たちに出来ることで、一つの施設にお役に立てることが出来て
嬉しかったです。これぞ、音楽の力です。

翌日は又本州へ戻り、宇部市へ。
ここでも、中学校のPTA主催でとてもアットホームな温かいコンサートが
出来ました。裏方の父兄会の皆様に感謝です。

翌日、日本晴れの下、小学校の修学旅行で行った、鍾乳洞で有名な秋吉台へ
久しぶりに(何十年ぶり?)に行きました。
3億年前の太古の時代の海の底が今は高原になっている!
秋風が爽やかな秋吉台でしばし、小学生に返ったように
走り回っていました。通り道で看板を見付けた
秋吉台芸術村のホールは素晴らしく、施設も「こんな人里離れた
田舎に誰が来る?」と言いたくなるような、勿体ないようなホールです。
稼働率は知りませんが、講演会、音楽合宿などがあるようです。
泊まり込み合宿練習も東京にこの施設があったら直ぐにでも
利用できるのに。。。と残念です。いかんせん、遠すぎる。

なんだかんだ、写真もあるのですが、Playing Wordの欄に写真が
載りません。理由は不明。PC に詳しい人に聞くまで、保留です。

途中、私がホテルのドアに挟まれた事故がありましたが、無事に
コンサートは全て終了。帰宅して、秋田に行く前日、事故から1週間たって、
朝、突然右手が挙がりません! 全く動かないのです。困ったな。。。
パジャマが脱げない! 仕方なく袖を左手で切りました。
利き手が言うことを利かなくなったら、こんなに不便とは初体験。
力も入りません、兎に角左手で出来ることはやり、湿布と鎮痛剤。
お風呂にゆっくり入ってマッサージ。
これ以外、やる術がない。お湯の中で、少しずつ、円を描いて
動かす練習。勿論弓が持てないので弾けません。
16日の本番までに何とかしなければなりません!
なかば、諦めとガッツで治す!のパラドックス。

それでも運転は右手を固定したまま、
送りハンドルで(教習所では御法度)
なんとか左車線ばかりでのんびり運転。
秋田往復は飛行機で。左手だけで会議をやってきました。

そうこうしているうちに、運動機能がだんだん戻ってきて、
福島県、栃木県、群馬県、新潟県 の走行距離1138Kmの
4日間コンクール審査員、指揮、指導、をこなして帰宅しました。
痛みもなくなり、just in time! で
今日16日の本番を弾くことが出来ました。 
内心間に合う?とハラハラでしたがね。

そこへ、下のBlogに書いたように、11月にもう一度
佐賀県唐津市へ戻ってコンサートをやることになりました。
やっと両手が使えて、PCを打てるので、Blogを書けました。
[PR]
by violinland | 2008-10-17 01:25

谷川岳一の倉沢

9月21日雨の谷川岳に山のエキスパートの生徒さんに連れられて
歩いてきました。私は新調のイタリア製トレッキングブーツ、
雨具完備で8㌔の上り下り。私の歩調に合わせてゆっくり進んでくださる
Tさんに感謝! は〜は〜言っていた私がしばし呆然としたのは、長年
自分の目でナマの谷川岳稜線を見たいと思っていた、まさにその姿が
突然目前に現れたのです。一の倉沢も目の前の氷原も思い描いたまま。

そこで、コッヘルでお湯を沸かし、カフェラッテを入れてくださり、
最高に美味しいカフェラッテでした。
チョコレート嫌いの私が、この日はチョコレートを美味しいと思いました。
五穀米玄米のおにぎりを食べ、おにぎりの形の河原の石を数個拾い、
持ち帰りました。

にわか山女になった私でした。来年は富山県側から上がる、立山に挑戦
したいです。 写真と共にPlaying Word に載せようとして失敗し、
このBlogに書きました。
[PR]
by violinland | 2008-10-17 00:15

11月9日に唐津市肥前町で演奏!

お久しぶりに書き込みします。
9月26日からの西日本コンサートツアーも無事に終了。
帰宅してからも、出たり入ったり、落ち着いてHPを開ける間も無く
過ごしてきました。

そう言う中、一月前に演奏した事がきっかけで、急遽もう一度
佐賀県唐津市に行くことになりました。
11月9日(日)午前10時から 唐津市肥前文化会館 ハーモニーホール
にて、肥前文化祭 オープニングコンサートに出演となりました。

お問い合わせ:肥前支所 教育課 0955-54-1118
主催:佐賀県唐津市
主管:唐津市肥前文化祭 実行委員会

この演奏会の前には 7日に PM3:00
唐津市立 東中学校 にて音楽教室を開催。
8日には 未定ですが 慰問コンサートが進行中。
[PR]
by violinland | 2008-10-16 22:27