以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


Aix 第12信

Aix 通信第12信 11月8日深夜
花の市が近くの広場で朝あるので見に行きました。日本の花屋さんより極彩色!
並べ方も結構大雑把!

その後、ランチにどこで食べようかな?と見ていたら、とても流行っていそうな店を見つけました。
外の看板を見て、地中海料理、アルジェリア、ギリシャもかな?HummosやLentil とCouscous3種類の好物がてんこ盛り!食べなきゃ!日本では食べられないから。

注文はオリーブオイルと、バルサミコ酢の瓶も一緒に持って来て!
この3皿結構な量でしたが、完食したの!自分で味付けをして、パンの上に乗せていたら、
パンでお腹が膨れそうになって、パン抜きで、ガツガツ食べました!
(笑) お店の叔父さんが余程空腹か?好物なのか?とニコニコして見ていました。
café も入れて1000円位でした。

家に帰って来た時に、何処から何処までがこの屋敷? Steinway のピアノ屋が隣にある!
そこも貸しているんですって!
その壁から大きな道に出る迄が屋敷だと!道を挟んだ、
前のビルもウチのだと聞き(^O^)はあー?

Moniqueが「ケイコ!車に乗れ!今なら日没に間に合う!」どこへ行くのかと思ったら
、Château Picasso! ピカソがここで死ぬまで住んでいたお城です。
夏はこの田舎の一本道が、これを見るためだけで、大渋滞ですって。

Sainte Victoire 山の何故北側にこの城を買ったか? 冬は雪が降り、
今日でも北側は暗くて寒い。でも彼は負けずに、
「私はサン・ヴィクトワール山を手に入れたんだ!」と強がりを言っていたそうです。

途中、Château Noir というCezanne の家の一軒もあり、
次回はこの家の主は友人だから、
行こうね!と簡単に言っているが、次回は有るの?

彼女の荒っぽい運転で冷や汗でしたが、「南側へ回って見よう!」
矢張り南側の方が明るくて、全然違うよね!
日没寸前の夕陽が明るい山頂をクッキリと楽しみました。

彼女もマルティン先生も物凄くスピードを出しながら、
田舎道の曲がりくねった1車線道路を行くのです。
まあ昔、私がフランスの田舎を走っていたら、バンバン追い越されていたから、
凄いなあ!と呆れていたのですが、乗って見て納得驚愕!!

夕飯はサラダとチーズだけでモニク夫妻と台所で立ち食いで、
ソプラノのリサイタルがあるから聴きに行こう!

何処かと思ったら、例のピアノ屋さんの向こう側に立派なリサイタルホールがあった!
驚愕第二弾! 60席位ですが、
Bechstein concert grand piano がデーンとあって驚愕第3弾!

このコンサートは、Soprano の人のご主人がつい最近亡くなられて、
彼女を勇気付ける為にモニクが計画して開かれたリサイタルでした!
友人達がいっぱい来て、和やかな良いリサイタルでした。

オペラのアリアから、ミュージカルまで、ぶっ続け1時間半、
曲間では説明しながら、歌う時は、お客さんの隣に座ったり、
歩き回りながら歌って、まるでオペラの演出を見ているようでした。

器用な歌手で、抜群の声量と音程の良さは見事で高いC を楽に出していた。
Aix の人で、美人モデルにもなれる、南仏では有名な人だそうです。

然し、ピアノの伴奏者が、いただけない!
Mozart のオペラで音をしょっちゅう間違えるし、左足は後ろに折ったままで、
Soft pedalの存在を知らない?和音の違うところでも平気で
ペダルを踏みっぱなし~_~;歌との技量の差が歴然としていて、
はっきり言って、下手なピアニスト!歌を聴きながら弾くというセンスも無し!

この立派なピアノが本当に勿体無かった。最後にスポンサーのモニクの客人だからでしょうが、
一緒に写真をどうぞと言われた。元々上背のある彼女が10センチはある??、
私はああー並ぶんじゃなかったと、後悔先に立たず。
通りで誰も一緒に写真を撮らなかったのだ!(≧∇≦)お休みなさい。
f0149700_215060.jpg

[PR]
by violinland | 2013-11-19 02:15 | ケイコ先生より
<< Aix 第12−2信 Aix 通信第11信 >>