以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


中嶋国際教養大学学長の早すぎる旅立ち。

2月14日(木)夜10時半、皆様は何をしていらっしゃったでしょうか?

ヴァレンタインデイで家に持ち帰ったチョコレートを
数えていた人?も居るでしょう?
私は、東京に出掛けていて、夕方から青山の美容室で
パーマをかけて貰って居ました。
そして、帰宅途中だったと記憶しています。

その時間、秋田日赤病院では教育界の巨星、
中嶋嶺雄 国際教養大学学長がご家族に見守られながら、
静かに永久の旅立ちにつかれました。
享年76歳。 まだまだ現役で沢山のお仕事を、
夢を叶えていらっしゃる途中でした。

ご本人は亡くなるなど思っていらっしゃっていないでしょう?
まだ、次の提携校のサイン署名に海外へ行かれるおつもりでした。
秋田の辺境地にこの大学を10年構想で日本有数の大学に育てる!
と仰って、全身全霊で取り組まれました。
本当に普通の人の3倍は仕事をこなしていらっしゃいました。

その実りは4年目にして、日本に国際教養大学あり!という
大学旋風を吹きあらしました。
それからは皆様もご存じのように各メディアからの放送で
雑誌で、本で、ご存じだと思います。

私をこの大学に来てくれと、何度もお誘いを受けながら、
週一の秋田行きという距離と時間のことがどうしても
無理だと思って居たのでお断りをしながら、
2年くらいが過ぎました。今思えば、その時に
即答しておけば良かったと、後悔しています。
そうすれば、今私が経験している、何処の大学にも無い、
教育を真面目に考えて、学生のことを一番に優先する、
実り多い大学をもっと長く経験できたはずです。
もう2年間早くこの環境に身を置かなかった事を
惜しいと思います。

お亡くなりになったのは14日ですが、メディアには
18日、近親者だけで執り行われた御自宅での密葬が
済む迄、箝口令が敷かれ、何処のメディアも
19日午後2時の一斉発表まで知りませんでした。
大学内の事務局も知らなかったのです!
ネットで情報を見た事務局は正に大変な騒ぎに
なりました。直ぐ、教授達に招集が掛かったようです。
それからはてきぱきと事務方の能力がこういう時に
試されるように、スムーズに事が運んでいます。

今月3月17日午後1時より大学葬が行われます。
私のクラスの上級生が直ぐ行動を起こして、ご葬儀の時に
クラス全体で演奏をしようと言うことになり、私に
許可を求めてきました。勿論学長はそれを一番望んで
いらっしゃるでしょう!
献花の時になると思いますが、学生達は学長を偲びながら
一緒に練習した曲、演奏会も一緒に弾いた曲を
集めて、演奏します。私も駆けつけて、指揮をして
弾き振りになるでしょう。

前日魚沼から、仙台までたどり着き、朝の新幹線で
秋田へ行きます。雪の地から、雪の地への
悲しい旅行です。
もっと早くこのブログを書きたかったのですが、
毎日思い出すとグッと来てしまい涙目になって、
なかなか、書き出せなかったのです。

やっと学長の死を受け入れなければいけない、
と冷静に少しなってきました。
これからは中嶋ISMをもっと真剣に成就して
差し上げなければ、きっと天国で、イライラなさるかもと
大学一同、心を一つにして、頑張ります。

大学は中嶋学長の理念を尊重して行く事に決まりました。
今までのカリスマ性はどうなるか?解りませんが
立派な副学長はお二人居ます。
大丈夫だと皆がこれまで以上に真剣になっています。

本筋は変わらない国際教養大学で行きます。
受験を目論んでいる高校生が居ましたら、
その事を忘れないで居て欲しい。 合掌

下の写真は息子夫婦が孫3ヶ月のナオミを連れて
来日して、AIUにも講義に行きました。
2012年11月27日です。
その時の学長は4人のお孫さんを持っていらっしゃるから、
とても優しいお顔でナオミに接していらっしゃいました。
これが殆ど、最後に学長室で、来日の外国人客と
接しておられた時間です。まさか2ヶ月半後には
帰らぬ人になられるとはついぞ想像もしていませんでした。
息子は本当にあの時に、福岡〜広島〜横浜〜秋田を
1日ずつの行程できつかったが、行って居て良かったと
言っています。学長の死に本当に驚嘆していました。
ご冥福を祈るというメールを出したそうです。

もう一枚は、学長ご自慢の長野県立深志高校 正門で撮った物です。
この松本の高校をこよなく愛していらっしゃいました。
長年、同窓会会長もしていらしたのです。ご案内いただいたときの
写真です。タクシーの運転手さんにライトを当てて貰って撮ったのです!
f0149700_21101339.jpg
f0149700_2182213.jpg

[PR]
by violinland | 2013-03-07 21:19 | ケイコ先生より
<< 92歳半母の旅立ち 富山先生の生徒ピアノ発表会 >>