以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


母、又骨折!!(>_<)

9月13日で満91歳の誕生日を迎える直前、
お風呂場で転んで、今回は、肋骨を2本
骨折。しかし、入院はしないで、
コルセットをきつく巻いただけで、
自宅療養になってしまいました。

しかし、ベッドから自力で起き上がれない
母を介護して、トイレに連れて行ったり
しなければならず、食事も今は宅配を
昼と夜と頼んでいるので食べられますが、
毎晩の夜中のトイレには誰かが
付き添わねばならず、
泊まりの介護の方を依頼しました。
一晩¥11700かかりますが
しばらくは必要でしょう。

老人介護については、自宅になっても、
施設になっても格差があり、
中には家を売って、2億円くらいのお金を払って
悠々と素敵な所に入って居る方も知っています。
それはそれでそれなりのお金持ちで
良いのでしょうが、一般的には
そうとまでもしていられないのが、大半でしょう。

母も、戦前お姫様で育っても戦後は一般人に
下がって(本人は未だにそう言っている)
戦後の怒濤の世界を生きてきた。
原爆にもあって、九死に一生を得て
生きてきた強い人ですから、
人生最期になっても気だけは強い。
私が何を言っても馬の耳に念仏、
馬耳東風。。。経済的にも今は年金暮らしの
母が、少しでも尊厳を持って
全うして貰いたいと思って居ます。

それで、私は慶應の法学部の一つの講座の
「社会学・特殊」を9月末から採りました。
内容は、高齢社会の物の見方、人間観、社会観、
が根本的に問われてくる歴史的変革期として
理解し、高齢化や老いを巡る問題を
「高齢者」としてだけではなく、
現代人全世代の「行き方」として
社会学的に考察し、
その根本的・原理的課題を
明らかにしていきます。

若い学生達に混じって、
(多分教授は私と同年代?)
格差が歴然とある、表向きだけは
社会福祉国家、日本の現状を考えていきます。
直ぐ、我が身に降りかかる問題だなあ。。。
[PR]
by violinland | 2011-09-14 13:35 | ケイコ先生より
<< この頃多い、生徒の怪我 坂井先生ご夫妻のリサイタル >>