以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


AIU 大学祭 の週末

今日の秋田はパーフェクトな日本晴れ!
こんな清々しい温かな日は
いつ迄秋田に続くのでしょうか?
県立公園の中にあるAIUは今、公園の
山の方から降りて来た仔熊が出没して居るので、
夜は一人で歩かないで下さいという張り紙が
校内に貼ってあるのです!

と言っても私は車移動ではなく、歩いて校内を横切って
夜10時位に宿舎に帰るので、
大きな音を立てながら歩きます。おっかなびっくりですが。

そんな中、今週末は大学祭が行われます。
クラスの学生に聞いたら、色々と趣向を凝らして、
売店をやったり、ダンスサークルやバンド演奏。
幾人かは「モツ煮屋台」をやるそうです。
ケーキを焼く女子学生も居て、モツ煮とのギャップに笑いました。

今日も庭では東北三大祭りの一つ、
秋田の有名な竿燈の練習をして居ました。
ボロボロになった練習用の竿燈を
クラブ員が器用に肩や、腰で支えて
バランスをとる練習をして居ました。
寒そうなのに夏のハッピに白い短いパンツです。

他の大学や、一般の人達、ご父兄の皆様も大勢いらっしゃる様です。

芸大では「芸術祭」という物を大学祭でやります。
しかし我々が居た頃、丁度、学生運動真っ最中の年があって
他所の学生が殴り込みをかけるという噂があり、戦々恐々。
中核派が特にワルサをしに来るというので、芸術祭が1回
中止になった年もありました。

「マントバーニ」という屋号で絃楽器科は喫茶店をやります。
初めは丁寧に入れていた紅茶も時間が経つに連れて、
お客様が立て込むと急いで入れるので、
薄いのやら濃いすぎるのやら、
よくこれでお金をとっていた物です!
お客様はどなたも文句を言われませんでしたが、
きっと「美味しくないなあ!」
と思われていた事でしょう? 御免なさい!
「自家製ぜんざい、お汁粉」も有りました。
こっちはちゃんと近くの和菓子屋さんで作ってもらった
アンコに言われた様にお湯を足して、伸ばして作る
ぜんざいです。美味しかったです。
今でも音楽学部の前を通り過ぎて突き当たりのところに
小さな和菓子屋さんが有ります。
有名なんですって?
谷中には昔ながらのこういうお店が多いのです。
時間があったら横道に入ると結構楽しい
下町散策が出来ます。

管楽器部は「VIVO」という屋号で同じく
商売敵の喫茶店を出しますが、
あちらは、持ち前の管楽器学生が交代で生バンドを演奏します。
カッコいいJAZZ とBigband です。
音がなり始めたらお客さんは皆あっちへ流れて行きます!
「マントバーニ」の店番もそっちへつい、
聴きに行ってしまいます!
ダメですね。店を空にして走って行くのです!
上手かったなあ。卒業したら、即プロオケや、
原信男とシャープスandフラッツなんかで
バリバリやっていた連中が学生時代の姿です。

しゃなりしゃなり美味しくない紅茶を出したり、
自家製ケーキやおはぎに抹茶(まがりなりにもお点前です!)
(私も学生の時は御茶の裏千家で習っていたのです!
全部忘れました。練習をしないもんで。。。アハハでしょう?)

「VIVO」にはどうあがいても勝てない絃楽器軍でした。

そんなことをとんと長年忘れて居たのですが、今日、
Band 練習をしている学生達を見て、懐かしく
思い出し、授業の最後に、「学生時代しかこんな協力し合って
騒ぎは出来ないんだから大いに楽しんでやりなさいね」
と言ったのです。 [Thank you Keiko-sensei, we will do well !]
と答えて居ました。

私も居るのだと皆が思って居たのですが、
明日は帰ると言ったらがっかりして居ました。
自分達が作った「モツ煮!」(ギョッ!)
パンやケーキを食べてもらおうと思って居たのだそうです。
そうならそうと、前もって言ってよね!
飛行機の予約があるじゃない! クシュン。
[PR]
by violinland | 2010-10-09 01:09 | ケイコ先生より
<< コンサート参加費用紙を入手して... Twitterの効用 >>