以前の記事
2014年 09月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
全体
ケイコ先生より
映画評論家?
グルメ評論家?
ご意見番
お勧めコンサート
未分類


9月になりました、しかし暑い!

8月は暑い今年でしたが、9月になったら。。。と
いう希望も今は、打ち砕かれています。
未だに横浜は暑く、4日ぶりに帰宅した家はサウナ状態でした。

広島では卒寿を祝った母のために、一寸したリサイタルをしました。
芸高から同級生のMさんが、多忙の中、同行してくださり、
あうんの呼吸とはこのことか?絶妙なタイミングで
伴奏をして下さり、感謝でした。
90才になった母も大層喜んでくれました。
しかし、子供の時からの厳しい練習と、他の子供が
遊んでいるのを見ながら、聞きながら、
練習に明け暮れていたのは果たして、良かったのか?

未だに自分がViolinを芯から好きで、始めたのではない!
母の願望に乗せられただけで、人生の大部分をレールに
のせられて、動かされていた!という疑念の思いは
消えません。未だにそういう思いがあることに
我ながら驚いています。

「バイオリンランド」を共著した樹原先生にも前に
その思いを話したことがあります。彼女は私が
本当に、弾くことが好きで、やっていたのだと信じて
疑っていらっしゃらなかったので、ビックリされました。

でも、子供や初心者を教えていくのは好きです。
一緒にアイデアを捜し、どうしたら、弾けないところが
クリアできるか?少しでも上手くなったら、一緒に
嬉しいです。進歩が目の前で成就できるから。
しかし、自分の音楽はどう見ても、上手くないのです。

それでも、長く弾いていると、母の90才誕生日には
お祝いの一つも、演奏できた。その為に4才からずっと
弾きっぱなし。。。嗚呼。。。なんという空しい
長い時でしょう。そういうことを考えたら、
生徒さんに、専門家への道は想像を絶する辛いことだと
悟らせて、趣味にとどまるように言わざるを得ません。

音楽、特に楽器演奏が出来ることは、素晴らしい
skillを持っているのです。
プロにはならなければ良いのです!
音楽を好きで仕方ないほどのめり込んでいる人は
勿論苦労も何も感じないでしょう。
そういう人は演奏家になれば良いのです。

私は?何か別の職業があっていたように思います。
この年になっても、母が90才を祝う時に至っても
こういうことを愚痴っぽく書く自分が嫌ですね。
節目の年に、ちょっと考えさせられた昨今です。
[PR]
by violinland | 2010-09-14 00:01 | ケイコ先生より
<< 9月21日7PM TBS TV... 熱中症候補者! >>